スタイリストになりたい!

 

スタイリスト なるには

 

 

スタイリストになりたいけれど、

自分にはセンスがないし

ビジュアルもよくないからスタイリストには向いていない・・・

 

 

そんな思い込みでせっかくの夢をあきらめてしまう人がいます。

 

 

でも本当は才能なんてほとんど関係ないのです。

学歴や資格も問題になりません。

しかし、必要なものもあります。

 

 

それは「情熱」「根性」「気配り」です。

 

 

情熱は種火です。

 

 

どんな仕事もそうですが、

スタイリストもまたアシスタント(見習い)からのスタートです。

 

 

華やかに見えても、お金にならない時代を耐え抜くには、

本当にその仕事が好きでなければなりません。

 

 

さらに、

自分でモデルをコーディネートするような

第一線の仕事を任されることはほとんどなく、

最初は雑用ばかりです。

 

 

雑用には当然重いものを運んだり、

汚れる仕事もあります。

ずっと立ちっぱなしの日も少なくありません。

 

 

これを乗りきる体力、

なにより根性が必要です。

華やかな仕事で根性とは無縁と

考えているとここで痛い目に遭います。

 

 

仕事で求められるセンスは、

経験でいくらでも身につきます。

 

 

そしてもちろん

コミュニケーション能力を含めた気配りが出来ること。

 

 

先輩やモデルさん、

そしてお客様への気配りが出来るスタイリストは

間違いなく早く成長できます。

 

 

このあたりも他の仕事と同様かもしれませんね。

 

 

”スタイリスト=センス”

 

 

と、決めつけないで、

好きなことならチャレンジしてみるのはいかがでしょうか。

 

 

ファッションを仕事にするヒントを配信中

●登録無料

あなたのセンスでお客様も仕事も集まる ファッションコーデ起業メールセミナー365